2018.03.20

運動とスポーツ

今回は「 運動とスポーツ 」について。

来院してくださる方々との会話の中で、
よく次のようなフレーズが出てきます。

「 最近つくづく運動不足を痛感しています。」

「 スポーツジムに通って運動しなきゃ。」

「 体重が増えてきたので、運動を始める予定です。」

「 何かひとつでもスポーツをしないと老けるわね。」

「 スポーツで汗をかくとストレス発散になります。」

などなど。

運動とスポーツに関する会話が頻繁にあります。

僕らも皆さんに対して、
「 何かスポーツをしていますか?」

と実際に聞く事がありますね。

これは運動やスポーツは大切であり、
健康な身体とは切り離せない関係があるからです。

では改めてここで2つの質問をします。

ひとつ目は、あなたは何か運動をやっていますか?

ふたつ目は、あなたは何かスポーツをやっていますか?

です。

この違いは何なのでしょうか?

かたや「 運動 」。

かたや「 スポーツ 」。

運動もスポーツも身体を動かすから
同じじゃないか!との声が聞こえてきそうですね。

今回は運動とスポーツをはっきりと
区別しておきましょう。

全く違うものなのです。

スポーツとは、相手が必ずいて競い合い、
無理をしたり限界に挑戦したりします。

よって身体にはいいのか?と言えば
どうでしょう。

身体をこわす場合があるのがスポーツです。

それに対して運動とは、ズバリ「 日常の動き 」
なんです。

歩いたり、
立ったり、
座ったり、
起き上がったり、
掃除したり、
駅の階段を上ったり降りたり、
荷物を持ったり、
ベビーカーを押したり、
自転車に乗ったり・・・

すべて「 運動 」です。

よって日常に遭遇する運動を見直せば、
十分に身体を動かしていることになるのです。

またこの日常の動きも、
動き方を間違えると、身体に悪影響を及ぼします。

歩き方はどうですか?

椅子からの立ち上がる姿勢はどうですか?

荷物の持ち上げ方はまちがっていませんか?

座り方は身体に負担がかかっていませんか?

などなど。

見直す要素はいっぱいありますね。

今回は「 運動とスポーツ 」という
題材で書きました。

日常に起こる運動を意識して、
健康な体を一緒に作っていきましょう!

© アース整骨院